ナビゲーション

HOME > アッシュの休日

アッシュの休日

全23件 前の3件 次の3件

  • 恒例のかに・カニ・蟹

    2009年11月16日 今年も始まりました、忘年会シーズン。肝臓がもつか、財布がもつか!?
    第一弾として、恒例のかに・カニ・蟹!もう何年来の打上げだろうか?
    かれこれ5年は行っているのでは、ないかいな!
    11時、会社を出発。途中で、取引さんと合流し、いざ 兵庫県浜坂漁港へ。快調に車は進むが、やはり、ETC1000円効果?考えられないところで、大渋滞。
    ここからはひとり言
    「なんでやねん!こんな所で!もっとスムーズに入れよ!なんでこんな所で、駐車してんねん!ブレーキ踏むな!制限速度80kmやぞ!・・・」
    そんなこんなで、車はすすむ。途中、ひなびた所ではありますが、お洒落な?蕎麦屋さんを発見。無類の蕎麦好きの小生にとっては、入らなくてはならない。大盛そばと落花生豆腐、運転者には申し訳ないが、ビールで喉を潤う。至福の人時。
    走っていると、発見「余部鉄橋」!!かなり前だが、この鉄橋から電車が墜落し、多くの犠牲者がでた鉄橋。今は、新しくコンクリートの鉄橋に作り直している所。この風景も、もうすぐなくなってしまう、明治・大正・昭和の風景。
    16時現地到着。と、その前に、温泉・温泉!町が運営している「ユートピア・浜坂」へ入浴料は、¥300円。ナトリウム温泉で、塩っぱい温泉。車の疲れをいやし、(小生は乗っていただけ)風呂上がりにビールで乾杯。
    宿に入り、宴会までの時間、合流した皆さんと、またまた、ビールで乾杯。
    18時30分、宴会の始まり。簡単なあいさつの後、かに・カニ・蟹!さけ・サケ・酒!
    日本海の新鮮なお刺身、カニの刺身に、ゆでガニ、焼きガニに入り、カニすき。それはそれはカニのフルコース。一人3杯はカニを食べているのではないか。・・・!当分、カニはいらないと、贅沢な一言が・・・!ワイワイ・ガヤガヤ!宴会はすすむ。・・・!宴たけなわではありますが、お休みの時間!
    翌朝、トイレでびっくり。(食事中の方すみません)カニの匂いで充満。大も小もカニの匂い。
    豪快な宴会の旅でした。

  • 湘南ボーイ

    2009年07月27日 7月。横浜で仕事がありました。作業は順調に進み、ノープロブレム。
    メーカーさんの納期で、ゴタゴタしましたが、何度も言いますが、仕事はノープロブレム。
    現場は、日曜日は休日。一人横浜で過ごすには、観光しか・・・!
    で、お決まりの「アッシュの休日」
    レンタカーにて、一路 鎌倉。鎌倉の大仏さんへ。
    関西人にとっては「奈良の大仏」さんですが、正直言って、小学生の時に遠足で行った記憶があるかないか?ぐらいの記憶で、まじまじと大仏さんを見ました。鎌倉の大仏さんは、思っていた程大きくはありませんでしたが、別料金で、大仏の中まで入る事が出来、ちょっと驚き。
    その後、車を飛ばし、湘南へ。もちろんサザンのミュージック!と、言いたいが、テープもなくボードもない。湘南ボーイと言いたい所ですが、小生、老眼の45歳。
    稲村ジェーンを横目で見ながら、江の島へ。遊覧船で渡り、洞くつ探検。頂上では、ビールで乾杯?車を飛ばしのウンタラカンタラは?
    TBSの番組で行っている企画の「キズナ食堂・一発屋」をおのぼりさん。鼠先輩と小梅さん、それと名前は知らないが、顔を化粧している芸人さんが、孤軍奮闘していました。
    家族やカップルで海水浴を楽しんでいる中、ジーパンにポロシャツ、靴は真っ黒な安全靴といった風貌で、一人海岸を歩く変な奴 と、思われながら、湘南海岸を散歩。
    夜は夜で、メーカーの営業さんと横浜中華街へ。横浜開港150周年で、ふかひれコースが60%OFF。
    中華を堪能し、気分一新仕事に励む小生でした。

  • 東京浅草物語

    2009年07月27日 ある日、千葉県柏市で仕事があったそーな。
    それはそれは単純な仕事だったそーじゃ。
    朝、新規入場教育を受けて、9時から作業。11時30分には一通りの作業が終わったそーな。
    昼から、製品が到着するのを、今か今かと待っとたが、製品は来ず。14時に現場を後にしたそーな。
    昼2時、飲み屋さんは開店していない。定食屋さんで、お疲れ?の乾杯。
    生ビール2杯と焼酎ロック4杯、それで、ほろ酔い気分になったのは、15時30分。まだ外は明るい昼日中。
    偶然にも大型スパランドのパンフレットが・・・!ちょうどタイミングよく送迎バスが到着。何も考えずに乗り込んだそーな。
    大浴場にサウナ。それはそれは、心地よい時を過ごしたそーじゃ。
    時は17時30分。夕食にはまだ早い。風呂上がりの生ビールでまたまた乾杯。たまらない至福の一杯。気がつくと生ビール4杯突破。またまたほろ酔い気分。19時だったそーな
    ホテルへ帰り、東京に来たのなら、「もんじゃ焼き」!またまたビールで乾杯。
    その店は阪神ファンだったそーじゃ。その日は阪神が勝ち、またまた祝杯。もー記憶がございません。
    次の日、製品が9時に到着。仕事は11時で終了。現場担当者へ丁寧なあいさつを終え、現場を後にしたそーな。時は11時30分だったそーじゃ。新幹線の予約は19時。時間が有り余っていたそーな。
    一路、東京浅草、浅草寺。雷門前にてお決まりの記念写真。浅草寺にて、仕事の安全祈願。
    神谷バーにて、生ビールと電気ブラウン。なかなかの取合せ。
    次の店は隣の居酒屋へ、ほっピーで乾杯。ちょっと偽物・・・?
    それならばと、本場ホッピー通りへ、生ホッピーともつ煮込み。生ビールに焼酎ロック。
    この辺でほろ酔い。だったそーじゃ。
    おそばの店で、舌鼓。日本酒に冷酒、生ビール。もー食べられません。まだ、15時。
    お決まりの東京タワーへ。修学旅行生と会話が弾む。だんだん記憶が・・・!
    東京駅に到着。でも「やきとり」が・・・!出発まで1時間。焼き鳥で乾杯。もーヘロヘロ。
    新幹線に乗り込む。買出し準備は万全。ワインに焼酎。しばし目を閉じると、もー大阪。タイムスリップしたそーな。
    話は終わらない。時は21時30分。わがままな親方が、北新地と発したそーな。
    マジックバーで、お土産として買ってきた「電気ブラウン」を開け、ビールと一緒に乾杯。マジックに魅了され、次のお店へ、
    次の店では、お土産として買ってきた「人形焼き」を振る舞う。職人さんの家族へのお土産なのに、勝手に開けてしまう傍若無人な親方。職人さんは、お土産もなく帰路に就いたそーじゃ。
    親方は記憶なく、ミナミの町に消えていったそーじゃ。東京浅草物語。

■サイト運営会社■
有限会社アッシュクリーン
〒544-0001
大阪府大阪市生野区新今里
6-2-16
TEL:06-6753-3424
QRコード
携帯電話からもアクセスできます!
左の二次元コードを読み取って、携帯用サイトを閲覧できます。
FlashPlayer

動画コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。 

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。